0V

高専生やってます。Twitterで書ききれないことを書いたり。

高専カンファレンスオンラインに参加した話

ブログを書くまでが高専カンファレンス

というわけでブログを書いています。普段なら家に帰る移動中に書いたりするんですけど、オンライン開催なので家で書いてます。

 

ずいぶんと久しぶりに高専カンファレンスというものに参加した気がします。昨年はいろいろ行きたいカンファもあったけどなんだかんだ忙しくていけなかったので2年ぶりぐらいの参戦ですね。

 

今回参加したカンファはこちら

kosenconf.jp

 

 

それぞれの方々の発表の感想

実は自分が飛び入りで参加しようかな~どうしようかな~、なんて考えていてスライドを作っていたりしたので、しっかり全ての発表を見れていなかったので少し曖昧になるかもしれませんが簡単に書いていきたいと思います。

クエン酸さん

トップバッターでグラフィカルなスライドで一番勢いがある発表だったなぁと思います。大回りという概念を初めて知ったので、いつか試してみたいなぁと思いました。

 

奏さん

ことりんはかわいいですね...

Kotlinに関しては聞いたことありましたが、予想以上に色々できそうな言語なんですね。(Androidアプリ開発以外にも色々使えてびっくり)

Javaはなんとなく授業でやったので使えそうかな?とは思いましたが、また勉強してみたいなと思いました。

 

りゅーかんさん

高専生を応援してくれるすごい人。

Business Design Lab

についての紹介でした。普通に受けてみたいけどこういう講習系というかワークショップ系続けられた試しがないんですよね...でも興味はあるので申し込んでみようかな。

online.kosen-career.tech

高専キャリアオンラインはいいところだと思うのでぜひSlack等入ってみるといいと思います。僕も入ってます。

 

福野さん

jig.jpのすごい人。神山まるごと高専っていう高専が3年後にできるらしいです。私立の高専って正直あんまりいいイメージなかったんですが、これは普通にカリキュラムも面白そうだし、素直にここで勉強できる人たちが羨ましいなぁと思いました。あとシンプルに一日一創すごいなぁと思います。なかなか作りたいものあっても行動に移せないタイプの人間だったりするので変えていけたらいいなぁと思います。

 

しんちゃんさん

マジで数学すごい人だなぁと思いました。話してる内容は正直ほとんど理解できませんでしたが、説明が丁寧でわかりやすかったと思います(僕の頭がスライド作ってたこともあって理解モードになれなかったので...あと合同式って初めて聞いた)

自分は数学は苦手というか苦手ではないんですが(どっちだよ)、色々理解していない人なので、これぐらい深く理解していたら楽しいんだろうなぁと思いました。ちなみに中学三年の春頃、自分はxとかyとか理解していない記憶があります。なので数学が苦手なのに高専入っても大丈夫ですか?とか先生に相談していた気がしますが、今となっては物理のほうがだめです(文字式扱うの苦手すぎる、電気回路もマジでできん)

 

akatsuskiさん

3Dプリンター興味はあるんですよね、マジでいろんなもの作れて楽しそう...

ただ、自分には3DCADの知識が皆無なのでそこから習得しないといけなくて結局やらないし買わないっていう...情報系ってCAD使わんので使えたら強くなれるんだろうなぁと思います。やっぱりいろんな知識があるっていいことだと思います。あとフィギュア(であってますかね?間違ってたらごめんなさい)作れるの強すぎるなと思いました。かっこいいです。

 

God_of_Saitamaさん

群馬について30分間も喋べるなんてすごいなぁと思ったら、おまけが本編みたいな状態でした。スライドあがっていたので見直させていただいたら61枚もあってビビりました。埼玉への愛を感じました。ちなみにですが、長野は基本的には山があるので台風はATフィールド(アルプス台風フィールド、長野県は山に囲まれています)の力でほとんど風の影響は少ないんですが、昨年の台風19号は滅多に休校しない長野高専が1週間休校するレベルですごかったです。(プレゼンを見た人しか伝わらない話)

 

メガネさん

テトリスできる人は尊敬しています。僕はゲーム全般だいたい好きですが、ホラーゲームとパズルゲームだけは苦手です。DT砲が頭に残っています。ちなみに僕はサイゼリアではまずアーリオ・オーリオを頼む人です。

 

飛び入り

飛び入りLTは僕も発表するぜ!っていうドキドキドキドキでほとんどまともに聞けてません...すみません。

しんちゃんさんのiはスライド見た感じ「お~~結構簡単にできそうやん」って思いましたが、スライド見直したら理解できませんでした。数弱ですみません。

奏さんのJetBrainsの話ですが、PycharmとAndroid Studioぐらいしか使ったことねぇし、色々他にもIDE使ってみたいです。あとことりんはかわいいですね。

鏡華さんは前からちょくちょくTLで見ていたガチプロの方だなぁと思っていたので、すごくためになる話をされていましたが、発表の直前だったので(以下略
いや、本当に自分より年下なのにちゃんと勉強していろんな技術を身に着けている方は尊敬しています。自分はGithubでかろうじてpushできる?ぐらいです。高専生って自分から色々勉強するには最高の環境だと思うので、新入生のみなさんは頑張りましょう...
そして、僕の発表です。自分は少し前からこのカンファの予定表出てないので、登壇人数少なくてやばいんだろうなぁと思っていたので、一応しゃべるネタを考えていたのですが、普通にテスト前だったり、サカナクションについて話そうかと思っていたんですが、5分間なり10分間なりサカナクションについて話し続けるネタはあるけど、興味を持ってくれるような話はできないと思ったので、とりあえず様子見でいっか...と思っていたのですが、飛び入りで話したくなっちゃったんですよね...
なので、内容はないようというか、ちょっと前に授業でやった自己紹介のスライドを改良して発表したら7分間も自己紹介する自分語りマンになってしまいました...
自分はあんまり高専カンファで技術系の話をするネタもないし、話されてもすごいなぁと思ったり、なんとなくそうなんだ~とは思うのですが、あんまりよくわからん!ってなるので、なるべく一般的な話をしたつもりでしたが、なんか記憶に残らん話だったかなぁとか反省しています。

f:id:earth429:20200621210712p:plain

発表内容を一枚の写真でまとめたらこんな感じ

みなさん寝れるときは寝ましょうね...

あとで#kosenconf_148onlineのハッシュタグを見た感じ、トラックボールサカナクションがそこそこ受けてたみたいでよかったです。

トラックボールですが、M570tを使っています。トラックボールは最初は慣れないかもしれませんが、これがないと生きていけなくなります。特にどこでもマウスを動かせる(地味にデスクが狭くても使えるのはメリットだと思う...)ことがメリットだと思います。

 

いつかMX ERGOも使ってみたいなぁ

 

サカナクションについてですが、前からちょこちょこ好きでしたが、この自粛期間中毎週土曜にYouTubeでライブ映像の配信がやっていたのでそれでさらにどぶどぶにハマりました。ファンクラブにも入会してしまいました...

これからもTwitchで毎週土曜にライブ配信があるらしいのでぜひ。

www.twitch.tv

少しだけ好きな曲についてお話すると、ミュージックっていう曲が本当に大好きなんです。ラスト1分30秒の盛り上がりが本当にすごい(語彙力がない)ので是非一度聞いてみてください...

 このiTunesの試聴の30秒の部分が好きなとこ!!!!!

ミュージック

ミュージック

  • provided courtesy of iTunes

 YouTubeにMVもあるのでぜひ

youtu.be

今からサカナクション聞き始めたいんだけど、どのアルバム聞けばいい?って人は魚図鑑っていうベストアルバムは最初から最後まで聞いてみるといいと思います。多分刺さる曲が見つかるはず。

 

Amazon

魚図鑑 (期間限定生産盤[2CD+魚図鑑])

魚図鑑 (期間限定生産盤[2CD+魚図鑑])

 

 

Spotify

 

Spotifyで好きな曲リスト作ったのでよかったらどうぞ。順番は(今の所)適当ですが、新宝島は最初でナイトフィッシングイズグッドと目が明く藍色は最後なのは譲れんなぁと思います。

 

 

まぁそんな自分の発表でした。今度カンファで発表するときはもう少し面白い話したい。あとねこはかわいい。

 

カエデさんは回線の影響で声がすごいことになっててめちゃくちゃに面白かったですw

内容自体も好きでした。(二郎食べてもDDRのスコアは上がらない...)

いるやんさんは昔長野カンファ3で発表聞いたことあったので、面白い方だなぁと思っていましたが、shellの話面白かったです。最近授業でpipeとかやったので、もっとshellについて学びたいなぁと思っていたところです。とりあえずzsh使ってみようかなぁ...

 

まとめ

こんな感じで高専キャリアオンラインの参戦記でした。Teamsの通話切るボタンを押して終了だったので終了した気分がなくて、こうやってブログを書いていると「あ、終わったんだ...」思います。いろいろな高専生に知り合えたので僕は満足です。

運営の皆さん、初めての形式で色々大変なこともあったでしょうが、お疲れさまでした。かなりスムーズに進行していたと思います。自分は人前で話すより画面越しで画面共有して話すとかの方が多分得意なので、これからもこういう形式のカンファレンスできたらいいなと思います(どこでも参加できるしね...)

発表者の皆さん、面白い発表をありがとうございました。色々自分もやってみたいことが増えました、高専カンファに参加すると色々モチベが上がって僕も頑張らなきゃ!って気分になります。発表の仕方やスライドの作り方も参考になります。ありがとうございました。

最後になりますがまたいつか行われる高専カンファで皆さんと実際にお会いできる日を楽しみにしながら、テスト頑張りたいと思います...(来週テストという現実から逃避したい男)

高専キャリアONLINE LT大会 #1 に参加しました

おひさしぶりです

本当に久しぶりのブログ更新です。チェックしてみたら昨年の春休みの記事が最後でした。毎月更新したいなとか言ってた気がしますが、めんどくさくなってしまったようです(三日坊主ならぬ三ヶ月坊主)

 

さて、今日はタイトルにも書きましたが、高専キャリアONLINE LT大会 #1というものに参加したので、それについてちょろちょろと文を書くことにします。

kosen-career.connpass.com

(connpassのページ)

ブログを書くまでがイベントとはよく言うので...

 

きっかけ

お風呂でTwitterを見ていたら「#高専キャリア」のツイートが大量に流れてきので、タグを見てみたら、オンラインLT会をやるとか。えー知らなかったなぁ、でも面白そうだし、参加してみたいな...

「とりあえずツイートしたら誰か反応してくれるか!w」

 

こんなツイートしたら、高専キャリアの方からDMが即来たので、お風呂からあがってパソコン開いてZoomインストールして参加しました(今話題のZoom、いつか使うかなぁとは思ってたけどまさかこんなタイミングとは)

 

LT会の感想

それぞれの方の発表は本当にすごくて、ためになりました(小並感)

いや、本当にすごい人めちゃくちゃ出てきてやべぇなぁと思いっぱなしでした。

感想をツイート交えながら書きたいと思います。

 

そんなわけで、開始時はお風呂にいたので1番目のあけまつしんじさんのLTは見れませんでした、無念(なんかそのうち公開してくれるとか言ってたような気がするのでそれで見たいですね)

 

2番目の方の発表は高専キャリア楽しい!って言ってたのと、シリコンバレーで湧いていたのをよく覚えています(これも途中から見たので...申し訳ない)

 

3番目の方の発表はとにかくぶっ飛んでいました、音無小鳥が出てきて「?!?!?!!!!??」という感じ。あぁ、高専生ってこういうところすごいよなぁと感じました。あとZoom色々使ってみたくなりました。

 

4番目の方の発表は(オタク特有の早口)という感じですごい好きなLTでした。今日一面白かったと思います。特にアメックスカードの流れは笑いましたw

 

5番目の方の発表は、お金の話なので、ツイートはなしですが、ほぇぇ~って思いました。東京からじゃなくてもいろいろできるよねって。頑張って欲しいです。

 

6番目の方の発表は、ビジネスに関してめちゃくちゃすごいこと話されていて、すごいわかりやすいってことはわかるんですが、それ以外ちんぷんかんぷんでした。

でもいろいろ考えないとなぁと思いました。

 

7番目の方の発表は、前も聞いたことあるメンヘラテクノロジーの方の発表で、commentscreen(発表中にツイートが流せる?みたいなやつ)のコメントが盛り上がっていた印象です。僕もつよければ開発とか参加してみたいなぁと思いました...

高専生メンヘラ多いよね...(ぼくもそう)

「メンヘラせんぱい」ってサービスが今は女性しか使えないらしいので、今年の夏を楽しみにしたいと思います

menhera-senpai.love

 

8番目の方の発表は、4STEPで企業!っていうのが印象に残ってます。ハンコ1万円もするんだなぁとか思いました。

 

9番目の方の発表は、ドラクエだ!すごい!!って感じでした。こんなプレゼンどうやるんだろう...

内容としてはAzureのお話でした。僕も実は昔Twitterで休講botをAzureで作ったりしてました(未完、いま探したら凍結されてました...)またなにか作りたいなぁと思いました。

 

 

まとめ

イベントのブログは当日中にかきあげたいので無理やりまとめます。

来週もあるらしいので参加したいと思います。楽しみです。

 

春休みと3つの楽しみ

春休み終わりそうですね

ぜんぜん休めてないけど。

ぜんぜん課題終わってないけど!

 

あと1日で春休みが終わってしまいます。

明後日は本校の入学式&始業式

ドキドキで胸がいっぱいです...(本当)

 

3月を3つに分けると

3月を上旬・中旬・下旬と分けるとすると

 

  • 上旬:昼夜逆転生活
  • 中旬:遊び生活
  • 下旬:バイト生活

って感じでした。

 

上旬、春休みが始まった頃は学年末のアレやコレで徹夜が続いていたため、寝る時間が遅かったんですよね。

その影響からか、夜眠れなくなったと。

その結果、夜(?)4時ぐらいに寝て昼の12時ぐらいに起きるという生活していました。

 

今考えると、ある意味幸せな生活だったかもしれないです。時間を気にせず寝れるっていいね!!!!!

 

中旬、遊び生活と言っていますが、大して遊んじゃあいません。

めちゃくちゃブチあがるライブにいったり(後述)、合唱同好会で松本に行ったり、久しぶりに新作ギャルゲーを発売日(ホワイトデー)に買って、2日で1人のヒロインを攻略したり...

なんか思い出すと数ヶ月前の事のような感じがするんですけど、2週間前ぐらいのことなんですね。

楽しい日々でした。

 

下旬、今回の春休みは某バイト先に行けなくなったので、新しいバイト先をリアルでは一度も面識がない先輩に紹介していただき、働くことになりました。

某バイト先は、泊まり込みだったのでシフトという概念が無かったのですが、今度のバイト先はシフトを事前に決めて、その日シフトが入っている時間働くっていう本来ならスタンダードなことが新鮮に感じました。

 

今日このブログも4連勤をやりきった達成感を感じながら書いています。

いや、自分で言うのもアレだけどシフト入れすぎたわ...

 

そんなにシフトを入れてどうしたの

コレが買いたかったんです

 

 

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR、広角レンズですね。

前々から欲しかったんですけど、春休み中に買うぞ!って決めていました。

この写真だと伝わりにくいですが、世界をものすごく広く切り取ることができます。

しかも、軽くて手ぶれ補正がついている。最高です。

 

(コレとかわかりやすいかも?)

 

こんな感じの面白い写真も撮れますよ

 

This month's live

これ、初旬にあったのでだいぶ記憶が薄れてるんですけどね。

どのバンドもよかったです。(小並感)

開始が早くて終わるのも早いのがすごく良かった。

 あ、あと個人的に最高な写真が撮れました。

 

さっき言ってた最高にブチあがるライブってのはこれです。

長野市の高校生バンドが大集合して、2つの会場でサーキットイベント。

うーん、これだけでも最高って感じですが、メンツもいいしいい。(語彙力不足)

 

僕が応援しているCall a Crackっていう同級生のバンドがあるんですけど、そのバンドが今までで一番、そして当日一番輝いていました。もう最高すぎた。

 

これから新メンバーも迎え、もっと勢いを増して輝く彼らをぜひ見に行ってあげて...

(割と僕しかCall a Crackのお客さんいないときもあるので)

(幻の六人目)

 

まとめ

そんなこんなで時間がヤバめになってきたので、ここで無理やり締めておきたいと思います。

タイトルの3つの楽しみって結局なんだよって言われたら、3月中何あったかなーって考えたときに、パッとイエティの足跡と2回松本行ったことが頭に浮かんだからです。

単に3月と絡めたかっただけでもある。

2回目の松本は某バイト先に一緒に行った友達との慰安旅行(?)でした。

受験をする彼にはぜひ頑張ってもらいたいです。

 

ちなみに、前回のブログの最後に春休みいろいろ誘って!って書きましたが誰も誘ってくれませんでした...

2月の終わりと2年の終わり

2月も終わりますね

早いもので2月も今日で終わりです。

このブログを書いているのは2月が終わるまであと2時間です。

1月の終わりには、来月はもっと余裕をもって書こうと思っていたのですが、いろいろあった(後述)ので、なんだかんだ最終日になってしまいした...

来月は、3時間前に書き始めるのではなくて、3日前ぐらいから書き始めたいですね。

 

テストの日々

2月は学年末テストがあり、前半はテスト勉強、後半はテスト返しとなんだかんだでずっとテストみたいな感じでした。

といってもテスト勉強に真剣に取り組み始めたのは、前々日の午後3時とかだったような気がするので、そこは本当に反省と改善が必要なところだと思います。

結果1教科単位が危なくて、再評価試験を受けた科目がありました。来年度はそんなことないようしないといけないですね...

 

落とし物をよくした

 

いつの間にか帰り道にタブレットを落としてくるということをしでかしました。

なぜ気づかなかったんだろう...自転車に乗る時はちゃんとカバンを閉めようと再度思いました。

また、人生で初めて財布を落としたりもしました。これ、すぐに見つかったから良かったものの、大失敗ですよね。テストで徹夜明けだったので、注意力散漫だったのだと思います。みんなも徹夜明けは気をつけようね。

 

instax share sp-2を購入した

 

 

 いわゆる「スマホ de チェキ」ってやつです。

自分の中で、写真の共有ってことはすごく大切に思っていて、誰かの写真or誰かと撮った写真はなるべく早くその人に渡すようにしています...

基本的にはデータ(Google Photoの共有アルバム機能を利用してます)で渡すのですが、すぐに写真を印刷して渡せたらいいなぁ...と思っていて、卒業していく部活の5年生へ最後の集合写真を撮ったその場で渡せたらいいのでは?と思ってこのタイミングに買ったのです。

印刷代が1枚あたり60円ぐらいなので、そうポンポン印刷したくないっちゃしたくないのですが、渡した人たちは喜んでくれていたようなので、「買ってよかった!」と思います。

 

 

ビブリオバトルに参加した

ビブリオバトルは、本を持ち寄って紹介しあって、1番を決める...みたいな感じのやつです。学校でも開催されてたり、偉大なる先輩であるしゅーぱか。さんが参加したブログを書かれていたり、前から興味はあったけどなかなか踏み出せませんでした...

shupaca-maru.hatenablog.com

 

 そんなとき、知り合いの方がビブリオバトルを開催するにあたって参加者を募集してたので、参加してみました!

感想としては、5分って割と長くって、いろいろ細かいことを言い始めるのですが、そうすると時間が足りなくなって...時間配分が難しいなぁと思いました。

ちゃっかりチャンプ本に選ばれたりもしました。紹介した本は三秋縋さんの『恋する寄生虫』です。冬を舞台にした男女の素敵なラブストーリーなのでぜひ...!

 

恋する寄生虫 (メディアワークス文庫)

恋する寄生虫 (メディアワークス文庫)

 

 

This month's live

今月は、1つしかライブに行っていません。そんな月もあるよね。

初めて行ったライブハウスだったのですが、隠れ家感があっていいなぁ...と思いました。自分の好きなフレデリックの「オドループ」を演奏するバンドを見つけられたので満足!

 

5年生との別れ

高専なので5年生です。

今の5年生とは一緒に高専大会に出たり、静岡に旅行に行ったりと、なかなか思い出深いです。親しみやすい先輩が多かったなぁと思います。今までありがとうございました。

 

まとめ

2月は忙しい月だったなぁと振り返って思います。あっという間でした。

無事進級もできそうなので、3月は春休みを満喫できそうです。なにしようかなぁ...

割と暇そうなので、いろいろ誘ってくれたら嬉しいです!

 

新しい年と

2019年最初のブログ

f:id:earth429:20190131234820j:image

今年は月末、今月を振り返る備忘録的なものをブログに書こうと決意していました。

2019年も地球をよろしくおねがいします。

 

近況

Huawei Band 2を買った

f:id:earth429:20190131234914j:image

Amazonの初売りで買いました。4000円ぐらいでした。

新しい年になったし、新しくなにかやってみようということで。

一ヶ月ほど使ってみましたが、電池持ちが素晴らしい。装着感も悪くはない。

個人的には睡眠を記録してくれる機能が便利だなって思います。いつの間にか寝落ちしてても、何時に寝てしまったかわかるし。

f:id:earth429:20190131235014p:image

(12時間寝れる正月休みに戻りたい)

あと1月が終わるまで30分を切っているので、詳しいことはまた書きたいと思います。

(とりあえず今月のことは今月中に書ききりたい)

 

星景写真に興味を持った

f:id:earth429:20190131235058j:image

月初めのしぶんぎ座流星群っていうのをきっかけに、星の軌跡を撮ろうといろいろやってみたりしてます。冬の夜は寒いです。

 

新しいレンズを買った

f:id:earth429:20190131235128j:image

SIGMAの17-50mm F2.8 EX DC OS HSMって言います。かっこいいでしょ。

 

This month's live

f:id:earth429:20190131235215j:image

正直これが書きたかっただけみたいなところあります。

今年一発目は餅つきライブでした。どのバンドもいいなぁ...って純粋に思いました。応援している同級生のバンド、Call a Crackの成長もビシビシ感じてめちゃくちゃ満足度高かったです。

 

hypercell企画は、実は僕が去年の夏初めてライブハウスに行ったときの企画でもあります。とても思い出深いですね。LiSAはいいなって再確認できました。2種のチーズがとろけるピザも美味しかったです。

 

第二回篠専祭は、全部僕の見たいバンドだったので、楽しかった~~~~~~~って感じです。さっきの新しいレンズ初登場でした。

 

バンド界隈で、少しずつ認知されてきているみたいでちょっと嬉しいなぁって感じです。

 

まとめ

駆け足で書きました。23時になって、お風呂入るか~って思って脱衣場まで行って、今月終わっちゃうじゃんって思って書きました。

どうせ2月になったら書かないと思ったので。こういうのは勢いが大事だと思います。

(来月は余裕をもってもう少しちゃんと書きたい...)

 

2019年もいい年にしような

 

平成最後の夏休み

終わりますね

平成最後の夏休み、終わりますね。平成最後って書いていますけど、自分は平成最後とかあまり気にしないタイプの人間だし、今日が平成30年9月24日って決めたのも誰だかわからないし、もうホントは地球暦3982年284月27日とかかもしれませんよね。

 

そんな冗談はさておき、夏休みが終わってしまいます。夏休みの最終日はたいてい徹夜する人生だったのですが(大抵登校三時間前まで起きていて、課題をやるという流れが鉄板だった)、今年はもう課題をやってあるのでもう今寝落ちしたとしても何も問題ありません。最高ですね。

 

高専生の夏休みというのは非常に長いものです。今年は44日間もありました。それが高専に入るメリットの1つであると僕は切実に感じています。マジで長過ぎて8月頃の記憶が薄れかけています。でも、こう、最終日になるともうちょっと休みたい...なんて。

 

8月

前置きはこの辺にしておいて、薄れかけている8月から振り返っていこうと思います。本当は一日一日ゆっくりと振り返りたかったのですが、そうしたら時間が無限になくなってしまうのでやめました。

 

自分が高専に来て出会えてよかった人はすごいたくさんいます。その中で間違いなく1番と呼べる友達がいます。その友達はすげぇ面白いやつで、もうその友達がいるだけで僕のテンションはアゲアゲになって無駄に笑いが止まらなくなってしまうのですが、その友達は、非常に残念ながら高専が合わなかったらしく、少し前に休学してしまいました。

 

そんな友達のことをなんで書いたかというと、その友達と一緒にバイトをすることができたからです。本当に最高の時間を過ごせたな、と思います。多分今後の人生においてもこんなに楽しい労働はないのではないかと思うほど。

 

 

バイトが終わって、合唱の練習(遠征0日目)があって、僕はこの夏休みの最高の相棒を手にします。Nikon D5600です。写真をバーンしたほうがわかりやすいし、インパクトあると思いますが、この記事は全編文字のみでお届けしようと思っているので、インスタとか見てください。

 

D5600はずっと欲しかった一眼レフカメラで、手に入れて本当によかったなぁ...としか言えません。5825枚もの写真を撮りました。だいぶ操作にもなれてきたので、自分の表現したいことができるようになってきたかな...という感じです。

 

 

合唱の遠征前に、人生初のライブへと行きました。初めてのライブハウスでビビりまくっていたけど、最後にはハイになって楽しめました。これからもちょくちょくライブは行きそうです。

 

それで、合唱の遠征。夏休みビックイベントの1つでした。合唱同好会のみんなと一緒に電車を乗り継いで、静岡まで行きました。3日間毎日富士山が見れたのはよかったなぁ。

 

公園から見える工場夜景と富士山、海のの前で記念撮影、静岡まで来て夕飯はなまるうどん、でもうまい、早く寝るって言ったのに結局みんなで見たシン・ゴジラスーパーホテルの健康朝食はめっちゃうまい、三島スカイウォークから帰る時にバスに乗り遅れる先輩、合唱カンファ、しらす丼うまい、健康朝食の卵かけご飯うまい、長野へ帰る電車みんな寝てる、銀賞、みそ家で優勝....

 

もう全部書きたいけど、時間が足りないです。どれも最高の思い出になりました。

 

と、遠征から帰ってきたら17歳になっていました。誕生日プレゼントくれた方、ありがとうございました。毎日使わせてもらってます。

 

自分でもこんなに色んな人に祝われる誕生日は初めてだと思います。嬉しすぎてブログも書いてしまいました。嬉しかったです。

 

トップインタビューという、社長さんにインタビューするプロジェクトで社長さんとお話とかもしました。社長さんと聞くと、なかなか話しにくいのかと思いますが、とても話しやすい方でした。そのうちレポートが長野高専ホームページに載るので、期待しててください。

 

パソコンも新しくなりました。今まで使っていた人権がないパソコンくんから、人権の塊みたいなパソコンになりました。今もそのパソコンで記事を書いています。ThinkPad X1 Carbonはいいぞ。

 

Twitter音ゲーマーオフ会もしました。めっちゃうまい人のプレイは見ていて気持ちが良かったです。

 

1年生応援ライブというのにも行きました。フレッシュな魅力というのを感じつつ、自分より年下なのにやべぇなぁ...なんて思いました。僕も負けていられない。合唱で人を喜ばせたい....

 

そんなこととかしていたら8月は終わってしまいました。

 

9月

最初の方は、ひたすら英語の試験やだ...という気持ちで虚無に過ごしていました。自分実は英語の前期成績が不可になっていました。

 

そんな感じでただただ虚無っていたら久しぶりに水泳部の練習がありました。昨年は、1日6時間とか泳いでいたんですけどね(これはマジでイかれてると思います。よく耐えられたな自分)、今年は高専大会(7月)以来に泳いだので、もう肩が痛くて痛くて辛い日々を送っていました。

 

そんなこんなで、水泳の新人戦。1日目はものすごい雨で、これ中止になるんじゃないのって思っていましたけど、結局中止にはなりませんでした。僕は50mバタフライにエントリーして、なんとか完泳しました。後輩がすごい...(決勝とか行ってくれた)というのが新人戦の感想です。

 

あ、英語の試験はなんとか乗り切りました。後期はがんばります...

 

そんな感じでだらっと過ごしていたら、急に大阪と京都に行くことになりました。確か出発1週間切っていた気がします。人生でこれほど急に決まった遠出は無いと思います。大阪でNikonのファンミーティングに行ったり、京都で修学旅行の思い出を追体験したり...とても楽しいひと夏の思い出になりました。この旅行は本当にいろんなことがあったのですが、しばらくは心の奥底にしまって、自分だけでそっと楽しんでいたいです。僕はまたいつか、をずっと待つことにします。

 

と、感傷的な気分になっていたら、さらに感傷的な出来事がありました。合唱同好会のメンバーが学校をやめると言うのです。

 

あぁ、またなのか...なんて思いました。自分の大切な、仲良くて大切な、これからもずっと仲良くしていたい人がまた一人僕から離れていってしまうのだな...と思いました。色々とフラグは立っていたのですが、このタイミングで回収するとは思いませんでした。結構つらいです。それ以上に辛いことがあったので、なんとなく自分の中で流れていますが、きっとこれから悲しく、寂しくなります。でも、その人が決めたことです。僕はその人が進む人生を応援しなくちゃいけませんよね。笑って送り出すことができた、と思いたいです。

 

と、そんな悲しいことが最近は続いています。正直限界で大泣きした夜もあります。でも、僕はみんなを笑わせる立場ですよね?笑顔でいないといけないですよね?きっとそうです。そうに違いない。

 

だから僕は明日からも笑顔で学校に行き、毎日を楽しく過ごしたいと考えています。辛くなったら笑って元気になります。

 

という感じで、僕の夏休みは終わろうとしています。人生でこれほど楽しくて、悲しくて、記憶に残って、辛くて、苦しくて、でもやっぱり楽しくて、ずっとこの夏が続けばいいのに...なんて思った夏休み、初めてです。あぁ、楽しかった。ありがとう夏休み。

高専合唱カンファレンス in 沼津に参加してきた話

気づけば1ヶ月

 

あれ、前も同じような書き出しで書きましたね。合唱カンファの参加記は僕の中で1ヶ月置かないと書けないのでしょうか。

 

違いますね。前回も春休みが終わりそう(前回は完全に終わってからだった気がするけど)で、あー書かなきゃ書かなきゃという思いから、やっと書いたのでした。

 

ついでに1ヶ月後の4月9日にあわせたりもしましたが、それはもう1ヶ月も経っちゃったし、どうせなら4月9日にするか!wと思っただけです。今回に関しては1ヶ月以上経ってます。単純に夏休み中に書きたいと思っていたらいつの間にか夏休み最終日になってしまいました。遅くなってごめんなさい。

 

そう考えるとshupacanfのときはその日に書いていたので、その精神を今回もやろうとしてたんですけどね、あの日はよくじつコンクールという、スーパータイトスケジュールだったので仕方ないのですが。

 

「ブログを書くまでが高専カンファレンスです!」とはよく言われることで、またしても1ヶ月間も合唱カンファをしてしまいました。イベントの参加記はいい加減最悪でも1週間以内に書くようにこれからは心がけていこうと思います...

 

そんな言い訳はこの辺にしておいてそろそろ本題に入りましょう。

 

2回目の合唱カンファ

自分にとってはそうです。本家高専カンファよりも合唱カンファのほうが参加回数が多くなっています。普通に本家高専カンファもまた参加したいですね、LTやプレゼンを聞いたりしたい。あと17sのLT大会とかも行きたい。

高専合唱カンファレンス in 沼津 - 高専カンファレンス Wiki

 

ていうか合唱カンファってなに

高専生たちが集まって合唱をする会です。

 

流石にこれだけだと情報が足りない気がするので、もう少し補足すると、

 

  • 高専合唱カンファレンスは、合唱部、合唱部OBOG、合唱が好きな高専生が集まって歌って交流することを目的としています。
  • 全体合唱は「大地讃頌」です。参加者みんなで歌いましょう!
  • また個人発表では小さなグループで自由に発表していただきます。音楽の発表であれば合唱に限らず自由に発表を受け付けます。

高専合唱カンファレンス in 沼津 - 高専カンファレンス Wikiより

 

高専カンファレンスWikiに書いてあった言葉を引用しました。大体こんな感じです。合唱好き高専生が集まって、全体で1つの曲を歌ったり、それぞれのグループで曲を発表し合ったり...そんな感じです。

当日のお話

当日は、自分が所属する国立長野高専合唱同好会で遠征を行っていたので(このカンファレンスに参加するのが主な目的の遠征だけど)、沼津観光をしてから会場に向かいました。

twitter.com

(これが同好会のTwitterです、みなさんフォローしてくださいね)

 

沼津観光はというと、三島スカイウォークというめっっっちゃでかい吊り橋を渡ってきました。僕は空を歩いたのでした。

(クソでかい橋)

 

(Mt.Fujiも綺麗に見えました)

 

三島スカイウォークからバスで30分ほど、会場である三島市民文化会館 ゆぅゆぅホールへ。

割と時間ギリギリに行ったので、受付などのエトセトラをしたらすぐに開会でした。前回主催で様々な準備をした時と比べると、もう会場もできて人もたくさんいて、あ~参加者なんだな~なんて思ったりしました。

 

あと、第一印象としてあったのが、年齢層高いな、ということ。前回は長野と明石の学生中心だったので(開催日が金曜だったので社会人であるOB・OGさんが集まりにくかったのはあったのですが)、お~大人がたくさん...という感じでした。沼津の合唱部の方々も高学年の方が多い印象でした。

開会

開会式では主催のきゃなばーどさん(@Kya7y)のお話であったりがあったのですが正直内容は忘れました!w(おい)

 

でも、大事なことは覚えていて、今回の全体合唱である「大地讃頌」は、高専カンファレンスの代表であるDaichi OBINATAさん(@earth2001y)が高専カンファレンスを始めてから10周年であるので、Daichiさんを讃えよう!→大地讃頌となった、ということらしいです。(今気づいたけどきゃなばーどさんとDaichi OBINATAさん、どちらもTwitterのIDの最後にyがついてますね、たまたま?)

 

これ、全然余談なのですが、実は僕も本名は大地と言いまして、大地讃頌は中学の頃から歌っていると少しむず痒い感じだったのですが、こうして長野高専の先輩である大地さんを讃えるために大地讃頌を歌う日が来るとは想像がつかなかったですね。

 

アイスブレイク

アイスブレイクでは、パートごとにグループを作っての自己紹介と、そのグループ対抗での合唱曲のイントロクイズをやりました。

 

自己紹介では、名前,所属高専,好きな合唱曲を順番に言っていくのですが、次の人は前の人までの自己紹介の情報をもう一度言わないといけないというなかなか大変な自己紹介でした(最後の人とか、4~5人分の情報を言わないといけない)。でも、真剣に相手の名前を覚えようとするし、なかなかいいシステムだな~なんて思いました。

 

合唱曲イントロクイズは、ぼくはぜんぜんだめでした...もっと知識つけていきたいですね。

 

ストレッチ・発声

歌う前の準備体操として、ストレッチと発声。長野高専合唱同好会でもよくやりますが、今回やった方法はなかなか自分たちのと違う方法もあって参考になりました。こういうところで練習の幅が広げられる(勉強になる)のも合唱カンファの1つの特徴かつ、いいところだと思います。

 

パート練習・全体練習

めっちゃ時間ありましたね...前回は時間が足りなかったので、多くて困ることも無いのですが。時間調整で、パートごとに歌ってそれを聞いていた他パートが指摘し合うとか、そういうことをやっていたら意外にすぐ時間が終わっていたので、やっぱりあれぐらい時間あったほうがいい...?(どっちだよ)

 

個人発表

全体発表の前に個人発表がありました。

 

トップバッターは僕たち長野高専合唱同好会。校歌で長野高専アピールをして、Nコンのポジティブ太郎と群青で盛り上げてから、わかる歌でオチを作りました。わかる歌はやはりインパクト十分でしたね。

 

つづいて、現役の沼津高専合唱同好会のみなさん。曲名は忘れちゃったのですが(すみません...)、あぁ~良いハーモニーだな...ってなったのを覚えています。

 

つづいて、沼津高専合唱同好会OB・OGのみなさん。発表の前に会場にいた沼津高専生全員で校歌を歌ってもらったりもしました、沼津高専の校歌かっこいいですね...

 

発表自体はレベルが高すぎてほうけていたのを覚えています。英語でカントリーロードはつよかった。これがおとなのほんきか...なんて思いました。絶対練習めっちゃしてるでしょ。

 

最後に、俊*俊さん。ピアノとボーカルの二人グループだったのですが、圧倒的歌唱力、声量とかとか、めっちゃレベル高くて感動しました。またいつか機会があったら演奏聞きたいです。

 

全体発表

大地讃頌の全体合唱です。自分のパートはBassだったのですが、周りの沼津OBの方々に助けてもらった感がつよかったです...よくじつコンクールだったので、喉を壊さないように少し加減してたとはいえ、自分の力不足を感じました(普段のパートがTenorなので、低い音がしっかり出し切れてない感があった)。そこは反省ですね。でも、全体としては、あ~大人数で歌ってるな~楽しいな~って感じで楽しかったです。

 

閉会

記念写真を撮って、閉会。まだこの後も懇親会等あったのですが、色々な都合で長野高専はここで一足先に帰りました。

 

夕飯

ホテル近くに戻ってから、せっかく海沿いの街(長野は内陸なので海産物が食べたかった)に来たということで、駅近くの居酒屋にて、お刺身とかしらす丼とかを食べました。めっちゃ美味しかったです。沼津の生しらすは最高です。

 

まとめ

こんな感じで、合唱カンファ in 沼津の参加記でした。開催・運営をしてくださった、沼津高専合唱同好会の方々とても楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。合唱カンファは個人的に個人発表で他の高専の人達の合唱を聞いて、「ほえ~すげぇなぁ~~」なんて思って、俺達も負けてられないぜ!って思うのが楽しいのです。色んな方々との交流もできたし、よかったです。(でも、今回それなりに名刺配ったけどあんまりフォロワー増えなくてかなしかった><)また、合唱カンファ開催されることを期待しつつ(明石高専の方を見ながら)、今後も合唱を頑張りたいと思います。

 

余談

だいぶ前に(沼津カンファの次の日だった)、第一回の合唱カンファを開催してくださった我ら合唱同好会の名誉会長であるしゅーぱか。さん(@shupaca_maru)のブログを見ていたのですが、そこにちょっと見過ごせないことが書いてあったのでちょこっと。

 

「合唱カンファにアンチがいるみたいですよ。カンファは勉強会って意味だから カンファって使うな!って」 ……それ聞いて私はどうすればいいの。何を求めてるの。

【 ぱか日記 】生きるということ - ゆったり、まったり。

 

 ・・・

なんか、かなしくなりました。それは、もちろん合唱カンファに参加している側の意見なのでそりゃあ、アンチがいたらかなしくなるよねって話ですが。先程も自分で書いていますが、合唱カンファは本家の高専カンファとは少し違うわけで。

 

ちょっとカンファレンスについてググって見たところ、Wikipediaさんが言うには、

カンファレンス - Wikipedia

 とのことです。ふむふむ。高専カンファは会議という意味で使われている感じではありませんね。

 

まぁ、カンファレンスの正しい意味とかそういうのはめんどくさいので置いておいたとして、僕が思ったのは、「合唱カンファも勉強できる場だよ」ということです。合唱カンファはどちらかというと、全体合唱とか、個人発表とか、合唱の発表会みたいな面が強いな~なんて思います。ですが、一緒に全体合唱の練習をすることで、相手の表現の仕方、声の出し方、姿勢、練習方法など...様々なことを体験することができます。また、ストレッチと発声のところでも書きましたが、他の高専ストレッチや発声の方法を学ぶこともできます。それを各自帰ってから、今後の練習等で用いて、スキルアップをすることだってできると思います。これって立派な勉強会では?なんて思ったのですね。

 

そんなわけでアンチに対して顔真っ赤にして反論をしてみたわけでした。高専合唱カンファレンスが今後どうなるかはわかりませんが、自分としては、今後も合唱カンファレンスという名称で続いていき、全国の合唱に関わる高専生の交流の場になればいいんじゃないかな...と思います。